住宅ローンで良い情報を得よう

自分の家を持つ、結婚したらそう夢を持つ人は多くいます。
とくに、女性はマイホームを願い、持ったら自分好みの住まい作りができるのです。
住宅ローンだって、家賃と思えば苦になりません。
しかし、二人で暮らしている間はいいものの、家族が増え、さらにどちらかの親を老夫婦を迎えなければならなくなったとき、家計はとても圧迫してしまいます。
そこで、将来を見据えたマイホームを買わねばなりません。
そう住宅ローンも未来を見つめた組み方をしたいものです。
現在のおすすめとしては、デフレが続く今固定金利よりも変動金利が良いでしょう。
デフレは今後も長期に続くと予想されていますので、日本だけでなく世界の先進国の低金利対策は続くと予想されているのです。
しかも、日本ではここ10年、長期金利が2%を越えていないのです。
また、賢く支払って行くには、繰り上げ返済を考えているなら手数料がかからない銀行などを選ぶこともポイントです。
支払いをするのに、さらに支払わされるのにはかないません。
そして、固定金利へ切り替えられる柔軟性のあるところを選ぶことも大事です。
もし、急激に金利があがったら、インターネットなどで簡単に手続きができる商品を選ぶのが良いでしょう。
そして、住宅ローンを組むのですから、どうせならサービスが充実したものを選びたいですね。
多銀行への振込やコンビニで卸すATMの手数料が無料とか、ガス代などの光熱費用の支払いが銀行から自動引き落としにしたら、いくらか安くなるとか。
そういうのも、住宅ローンを組む際には聞くことも大事です。
また、住宅ローンを組むさいには、保証会社の保証も必要ですから、この保証手数料はなるべく少ないところまたは無料というところを選びましょう。
初期コストを少なくしたいものです。
そして忘れてはならないのは、インターネットでも判りますが、検索してどこがお薦め住宅ローンなのかを調べることです。
ちなみに1位は新生銀行です。
保証手数料、繰り上げ返済手数料などが無料です。
2位は、住信SBIネット銀行で、3位がイオン銀行、4位は楽天銀行に5位は三井住友銀行です。
一覧を比較してみると、やはり一位になるだけあある新生銀行は、金利でも繰り上げ返済利用性からしても平均していいです。
しかも、繰り上げ返済はネットで1円からOKというのが、驚きです。
こうして見ても、家計に大きく影響するものが多く、じっくりと比較して住宅ローンをコレから組む人、切り替えする人は、参考にした方が良いと思います。

リフォームをお考えの方はこちら

リフォームローン金利比較
古くなった自宅を建替えるのではなくリフォームをされる方が増えています。ライフスタイルの変化に合わせて高齢者向け住宅に改装したり2世帯住宅に改築するなど住環境を格安価格で豊かにすることができるためこれからますます注目されるでしょう。その費用を借りられるリフォームローンについて金利や審査を比較しおすすめの銀行を紹介します。
www.reformloan-kinri.com/